美容レーザーによるシミ取り

ーザーはシミをとるのに効果的な治療方法です。加藤病院ではシミ取りに適したQスイッチ装置を採用し、痛みが少なく麻酔なしでの治療も可能です。料金についてはシミの大きさにより異なるため、カウンセリング時にお尋ねください。

皮膚レーザーの施術について

皮膚レーザーとはシミ・ソバカス・ほくろの除去を行う方法です。表皮にあるメラニン色素(シミ・ソバカス)をレーザーで分解します。レーザー光が選択的にメラニンに吸収されるため、皮膚の表面は傷つけず施術することが可能です。

レーザー治療原理(模式図)
レーザー治療原理
 (模式図)

施術内容

当院のレーザー機器には、冷却装置が装備されていますので、通常のレーザーより痛みが軽減されております。

しかし、痛みには個人差がありますので、レーザー照射時に痛みが激しい場合はすぐに施術者にお伝えください。その場合は直ちにレーザーのエネルギーを下げて施術いたしますので、ご心配ありません。

before->after
before->after

副作用

当院のレーザー機器は冷却ガスを吹きつけながら照射するため、最も副作用の少ない機器ですが、皮膚の反応は個人個人でさまざまです。

レーザー施術後に赤みや痒みが続く場合もありますが、当院では照射後にステロイド軟膏を処方いたしておりますので、照射部にうすくステロイド軟膏を塗布していただくことにより症状が軽減されます。

医療レーザーによって生じる一時的な赤み・色素沈着・色素脱失は、必ず消失いたしますが、もしもご心配な場合には医師の診察をお受けください。

ご注意事項

  • アレルギー体質(かぶれ易い・アトピー体質・ケロイド体質・薬疹等)の方や、過去に皮膚疾患のある方、あるいは現在皮膚症状のある方はお申し出ください。
  • 日焼け後のレーザー照射はトラブルを起こしやすくなりますので、日焼けが収まるまでは施術することができません。
  • シャワーや入浴は施術当日より、お化粧は翌日より行っていただくことが可能ですが、照射部を強くこすることの無いようご注意ください。
  • 照射部は約10日前後で自然に治癒いたしますが、日焼けを防ぐために絆創膏などのご利用も効果的です。
  • 施術後、照射部が一時的に濃くなることがありますが、絆創膏をご利用される等の日よけを続ければ徐々に薄くなりますのでご安心ください。
  • かさぶたが取れた後は少し赤く目立ちます。この赤みは3~6ヶ月続くこともありますので、この部分が日焼けすることの無いように日焼け止めをご使用ください。日焼けをしてしまいますと、シミ・ソバカス・ほくろが再発してしまいます。
  • 2度目以降の照射は、前回より1ヶ月以上経過していればいつでも可能となります。お気軽に医師にご相談ください。